2021
07/24

プラスを取り込む


みなさまこんにちは!相談員の吉田です。
常夏の🌞北海道ですが、体調はいかがでしょうか?
水分・食事・睡眠 しっかり?ぼちぼち?摂れていますか?

オリンピックが始まりましたね!
昨日の開会式はご覧になりましたか?
50個のピクトグラムパフォーマンスが最高でした!笑いました^^
きっと何回も何回も、リハーサルをしたのでしょうね~。

選手団の入場では、ユニフォームに注目。民族衣装のデザインを取り入れたり、開催国である
日本の桜や富士山のモチーフをあしらったり。
マスクのデザインをそれぞれの国旗やユニフォームに合わせるなど、様々な工夫がみられました。
中には、近年やっと女性の出場が認められた国、期間中に休戦している国もあります。
色々あるとは言え、平和の祭典であり、何よりも、この混乱の中で努力してきた選手や
サポートする関係者は、ものすごい苦労と努力をしてきたのでしょうね。。。

ですが、新聞やネット、テレビなどのメディアにおいて、しばしばネガティブな表現が見られました。
ちょっと、残念でした。
今も、これからも、メディアリテラシーが大切です。
一人ひとりが、情報を見極め、主体的に読み込む力を持っていけるといいですね。
ネガティブな情報に、必要以上に振り回されないように。。。

今夜も日本初のメダルがでました!
何より、勝っても負けても、試合後にお互いを称えあうシーンは感動しますよね✨
大病を克服して出場を果たした選手、リベンジにかけている選手。
一人ひとりに、ドラマがあります。
その思いを、見ている私たちが全て理解できる訳ではないですが、応援することはできると思います。
「すごいな」「強いな」「かっこいいな」「あー、めっちゃ泣いてる・・・」
ちょっとでも感情が動いたら、それはきっとプラスになると思います。

地球規模の大きな分岐点の中のオリンピックです。
マイナスばかりに目を向けないで、たくさん感動を味わいたいと思います^^

吉田

2021
07/17

おもてなしの心


みなさんこんにちは!相談員の土井です。
平成25年(2013)の秋は、オリンピックの東京誘致が成功し、日本中が湧きましたね~。
あれから8年…まさか無観客のオリンピックになるなんて、想像もしていませんでした…。
それでも、アスリートの皆さんには、今までの努力や頑張りを精一杯発揮していただいきたいです!
私もTVの前で一生懸命応援したいと思います!!

ところで、あの時(2013)の最終プレゼンテーションで使われた「おもてなし(・・・・・)」という言葉は
とても話題になりましたよね。
今回は、残念ながら海外の方への「おもてなし(・・・・・)」の機会は少なくなりましたが、
私たちの日常で生かすことはできます。

仕事をする上でも、とても大切な心です。
では、「おもてなし(・・・・・)の心」には、一体どんなものがあるのでしょう?

〇交流分析でお世話になった佐藤寛先生のお言葉です(9項目)
・相手がどんな人であっても、かけがいのない重要な人です。職業や身なりで貴賤を決めてはいけません。
・相手を尊重し、礼儀正しくします。
・時間を守ります。約束した時間は契約です。一方的に遅れたりしません。
・地域や職能によって、その世界の伝統があります。柔軟にそれに従います。
・会話を独占しないようにします。傾聴が大切です。
・相手の権利を侵害しないようにします。特にTwitterやFacebookなどは要注意です。
 アルバイト店員に不用意な写真転送をされて失敗した事例がたくさんあります。
・中高年になると、特に自慢話をしたくなります。一人で話し続けないようにします。
・相手のやりかたに不必要な手出しをしないようにします。
・相手の言葉の裏にある気持ちを察して、行動するようにします。

これらは、主にお客様に接している方々へ向けたお言葉ですが、社会生活を送るうえでも参考になると思います。
誰に対しても「おもてなし(・・・・・)の心」を持って、接していきたいですよね。
そして、自分自身に対しても、そんな気持ちで優しく接していきましょう。

土井

2021
07/08

近況報告と「シエスタ」について


みなさまこんにちは!相談員の吉田です。
6月21日より、来所面談が一部再開しました✨1年前と同じ、やっぱり直接お会いできると嬉しいですね。
そしてもちろんオンラインでも、お顔が見られるのは嬉しいです。
以前と比べて「あら、表情がちょっと明るくなったかな」「あら、やっぱり笑顔が素敵だわ」
なんて思っています。

最近の話題というか、やっぱり多いのは、いかに思いの悪循環を断ち切るか。
一度不安な気持ちが出てくると、ぐるぐるぐるぐる・・どんどん下降して、中々上って行きません。
心配を始めるとキリがないのです。
以前もお伝えしましたが、そんな時はあえて好きなことをしてみてください。
ゲームでも映画でも料理でもお絵描きでも・・・。
脳みそにちょっとでも「好き」や「ほっこり」、「ワクワク」を入れてあげます。
ずーーっと悪いイメージをしているよりは、よっぽどいいような気がします。
キュッと締め付けられるものから、心を解放してあげるのです。

少し歩み始めている方は、一番しんどかった時と今を比較してみてください。
あの時と比べると「少し自分がわかってきた」「少し、係わる人が増えた」などなど。
1ミリでも進んだ、上がったと感じることができるなら、きっとこれからも1ミリ進める、1ミリ上がれます。

あとは自分と似たような境遇の方と話したい。体験談を聞きたい。
こんな声もよく聞きます。
やはり共感できることって大きいですよね。
もちろん自分とまたっく同じ考え・環境・状況の人は世の中にいませんが、
「近いな」「あ、これは違うな」と感じることで、より自分を客観視し、理解していけると思います。
もし、辛い状況から少し抜け出した体験が聞くことができたら、それを聞くことで疑似体験ができ、
今後の方向に対してよいイメージが出来てくると思います。
そこでお知らせです^^
今年も江別で開催します!

居場所「シエスタ」
主催:NPO法人レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク
共催:社会福祉法人江別市社会福祉協議会 くらしサポートセンターえべつ
サポステは、令和元年の開催時から後援機関として参加しています。「シエスタ」は、
ひきこもり当事者の方、ご家族の方、ピアスタッフ(ひきこもり経験者の方)、各支援機関が集まる場です。




「シエスタ」ポスターです
https://letter-post.com/wp-content/uploads/2021/07/5e0e46d3302086864f1a4ab713bcdf85.pdf

☝こちらをクリックすると、ポスターが拡大表示されます。
  開催日時等、ご確認ください。




会の雰囲気は、昨年12月1日のブログを読んでいただけると嬉しいです^^

「シエスタ」関するお問い合わせ、サポステの利用について等、
お気軽にメール・電話などお待ちしております。

吉田

PAGE TOP▲